Difference between revisions of "OpenStack Objective V1(JA) - OPCEL認定試験 ( Certification Exam for OpenStack Professionals by LPI-Japan )"

From OpenStack技術者認定試験(OpenStack Professional Certification Exam)
Jump to: navigation, search
m
m
Line 1: Line 1:
[[OpenStack Objectives V1|English page]]
 
 
__FORCETOC__
 
__FORCETOC__
 
__NOTOCNUM__
 
__NOTOCNUM__

Revision as of 10:09, 21 July 2015


はじめに

はじめに

バージョン情報

この出題範囲はバージョン 1.0.0 です。

1.x objectives バージョンは、ここから参照できます。


出題範囲の翻訳

このWikiでは、出題範囲を次の言語で提供します。


出題範囲

主題 250: アーキテクチャ

250.1 クラウドの概念 (重要度: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • パブリッククラウドとプライベートクラウド
  • IaaS とアプリケーションの関係


250.2 OpenStack のアーキテクチャ (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • ダッシュボード (Horizon)
  • コンピュート (Nova)
  • ネットワーキング (Neutron)
  • アイデンティティサービス (Keystone)
  • イメージサービス (Glance)
  • テレメトリ (Ceilometer)
  • オーケストレーション (Heat)
  • オブジェクトストレージ (Swift)
  • ブロックストレージ (Cinder)

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


250.3 インストレーション (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • RDO
  • Puppet
  • MySQL の設定
  • PostgreSQL の設定

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


主題 251: コアサービス

251.1 ダッシュボードの管理 (Horizon) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • ダッシュボードのカスタマイズ
  • OpenStackのブランド設定
  • RESTful API

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


251.2 メッセージングとロギング (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • AMQP
  • RabbitMQ と Qpid
  • 監視
  • ログの有効化
  • syslogへのログ出力

重要なファイル、用語、ユーティリティ:

  • rabbitmqctl
  • /var/lib/rabbitmq


251.3 アイデンティティの管理と認証 (Keystone) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • ユーザ、テナントおよび ロールの管理
  • グループの管理
  • サービスの管理
  • ドメインの管理
  • トークンと PKI の証明書管理
  • クオータ制御
  • サービスカタログの管理
  • 認証とコマンドラインでのトークンの処理
  • Identity API v3の使用

重要なファイル、用語、ユーティリティ:

  • keystone コマンド
  • /etc/keystone/keystone.conf
  • /etc/keystone/logging.conf


主題 252: クラウドのストレージ

252.1 イメージストレージ (Glance) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • イメージの作成
  • NDB
  • イメージサービスを使用した VMの起動
  • 仮想ハードウェアのテンプレート(flavor)の使用

重要なファイル、用語、ユーティリティ:

  • glance コマンド
  • glance-scrubber
  • glance-cache-cleaner
  • glance-cache-manage
  • glance-cache-pruner
  • glance-cache-prefetcher
  • /etc/glance/glance-api.conf
  • cloud-init
  • loopback-mount
  • libguestfs


252.2 オブジェクトストレージ (Swift) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • Swift Proxy サーバ
  • Proxy サーバ、リングおよびゾーン
  • アカウント、コンテナ、オブジェクトおよびパーティション
  • レプリケータ

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


252.3 ブロックストレージ (Cinder) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • LVMの使用
  • iSCSIの使用
  • Cephの使用
  • エフェメラルストレージ(一時データディスク)
  • 永続ボリューム
  • ブロックストレージの増量
  • ボリュームの管理
  • ボリュームからのブート
  • ボリュームの移行
  • バックアップ

重要なファイル、用語、ユーティリティ:

  • openstack-cinder-api, cinder-api
  • cinder コマンド
  • /etc/cinder/cinder.conf


主題 253: ネットワーキングとコンピュートノード

253.1 クラウドのネットワーキング (Neutron) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • ネットワーキングのための nova-network と dnsmasqの使用
  • VLAN、Flat および FlatDHCP ネットワークマネージャ
  • Open vSwitch プラグインの使用
  • OpenDaylight に関する知識

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


253.2 コンピュートノード (Nova) (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • ハイパーバイザー
  • nova.conf の設定
  • nova-api、nova-cert、nova-compute、nova-consoleauth、nova-conductor、nova-novncproxy、nova-scheduler、nova-api-metadata、nova-cells
  • ブロックストレージのアクセス
  • 保守用ノードの準備
  • インスタンスの移行の設定と実行
  • ハードウェア障害時のリカバリー
  • インスタンスの退避
  • 手動でのリカバリー

重要なファイル、用語、ユーティリティ:

  • nova
  • /etc/nova/nova.conf


主題 254: その他のサービス

254.1 テレメトリ (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


254.2 アドオン (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • オーケストレーション (Heat)
  • Heat のオーケストレーションテンプレート
  • キューイング (Marconi)
  • ベアメタルのデプロイメント (Ironic)
  • Trove (DBaaS)
  • データ処理 (Sahara)
  • Muranoに関する知識

重要なファイル、用語、ユーティリティ:


254.3 その他の設定 (weight: TBD)

重要度 TBD
説明 Candidates should ...

主要な知識範囲:

  • Load-Balancer-as-a-Service (LBaaS)
  • Firewall-as-a-Service (FWaaS)

重要なファイル、用語、ユーティリティ: